今まで買った車で一番です。

2010年1月にプリウスを購入しました。グレードはSツーリングセレクションです。
ホイールは17インチです。新車購入時のオプションとしては、純正マットとETC車載器でした。
値引きしてトータルで265万円でした。ちょうどエコカー減税が有って、30万円ほどそこからさらに値引きがありました。
以前は、トヨタチェイサーを乗っていました。家族がいるので、後部座席の広さが気になりましたが、プリウスは、チェイサー等のセダン並みに広いのにはびっくりしました。最近の車は室内空間にも気を使っているのだと当時思いました。
また、運転席がコクピットのようなデザインで、かっこよかったです。シフトノブも、近代的でこれも惹かれました。
もう一つ購入にいたった決めてがあります。アクセルを踏んだ時の重厚さです。例えば、ビッツ等は、アクセルを踏むと安っぽい踏み応えとともに、安っぽいエンジン音がします。ビッツ等に乗っている人には失礼だと思いますが、プリウスはアクセルを踏んだ時に、ずっしりとして、エンジン音も安っぽくなく心地いいです。これは、チェイサーから乗り換える時に重要視しました。
さて、晴れてプリウスを新車で購入したわけですが、まずはハイブリッドの魅力に取りつかれました。プリウスはエンジン若しくはバッテリーで走行しますが、エンジンが止まった状態で走行するというそれに対して魅力を感じました。その間は燃費がゼロなのです。購入した当初は、アクセルをなるべく踏まないようにして、そのバッテリーでの走行と燃費の向上を楽しみました。
外観ですが、最近の車は、ある程度ローダウンしているのでしょうか。前に乗っていたチェイサーはダウンサスを入れていましたが、それと同じぐらいの車高なのです。ボディとタイヤの隙間が狭いのです。なので、ハイブリッド車ですが、ほどよく車高が落とされているので見た目もかっこいいのです。それも気に入りました。また、当たり前なのですが、新車なのでボディがきれいです。私はホワイトパールクリスタル社員という色にしたのですが、夜にライトアップされると白鳥のようです。
ヘッドライトですが、昔みたいにオレンジのカバーがないので、クリアで白くきれいでかっこいいです。ただ、リアのナンバーを照らす電球がオレンジ色っぽかったので、白色に変えました。
あとは、走行が以外に力強いことです。そう吹かすことはないですが、エンジンに加えバッテリーを併用すると、加速がすごいです。
いろいろプリウスのいいところばかり書きましたが、本当に悪いところがないのです。
以上、私のプリウスを購入した感想でした。